HOME>Utility>アルコールチェッカーはビジネスで運転するドライバーには必須!

目次

会社で管理するために

ビジネスを行うときに運転が必須ならば、運転手のアルコール摂取量には気をつけなければいけません。もしも、前日に摂取したアルコールが残っていて、それば運転中に警察にばれてしまうと、会社の信頼がガタ落ちになってしまうからです。しかし、本人の自己申告だけで完璧な管理を行うのは無理があるので、アルコールチェッカーというアイテムを使って検査したほうがよいでしょう。

息を使った検査ができる

アルコールが身体にどのくらい影響を及ぼしているか知るための検査はいくつかあり、血液を採って調べる方法もあります。しかし、アルコールチェッカーは誰でも使えるように、吐き出した息を利用した検査なので、ビジネスにもすぐに導入できます。もちろん、リトマス紙のように一度限りのものではないため、コストパフォーマンスの高いアルコールチェック方法だといえるでしょう。

高性能の製品を買おう

現在では、大手のショッピングサイトを活用すれば、3000円程度でアルコールチェッカーを購入することが可能です。しかし、それらは性能が高いとはいえないため、ビジネスの現場に導入するには不安が残ります。もしも、完璧な検査をしたいのなら、安物ではなく高性能の製品を購入しましょう。仕事で運転中にアクシデントを起こしてしまったら、高性能の製品を買った以上の費用がかかるので、防ぎたいならよいものを選ぶべきです。

ストローで吹き込める

不正を防止したいのなら、ストローを使って息を吹き込むタイプのアルコールチェッカーを使うとよいです。そちらなら、ごまかしが利きませんので、アルコールが残っていないしっかりと確認できます。

広告募集中